06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

パコと魔法の絵本

2008.09.22 (Mon)

下妻物語も嫌われ松子と中島ワールドが好きなので
これは劇場に観にいかんと!!

というわけで観てきた。


今週末は広島デートだったので
広島のTOHO緑井にいったんだけど
予想以上にあまりに人が少なくって
映画館に入って思わず「ぷ」って笑ってしまった。

そうだもんね、
広島だもんね、
安佐南区だもんね。

しばらくぶりで忘れてたよ。
田舎の映画館の基本を。

人気の映画だし、席がとれないかも
ってネット予約した私がおばかでした。

ネット予約の機械はおろか
チケット売り場にも人並んでない…。


対して、梅田のTOHOは人多すぎ。
ディズニーランドかよっっ!
っていうくらい、映画館は人でごった返し、
チケット売り場では折り返し折り返しの長蛇の列。

思いつきでふらっと映画観たりできんわけ。
予約して行かないとヘタしたら観れなかったりする。

初めて梅田で映画を観たときは
それはもうカルチャーショックだったことを
思い出しました。


映画は田舎で観るに限るね~ホント。


映画はとっても面白かった。
今まで観たファンタジー映画の中でもイチオシかも。
私は人気シリーズのハリポタより押す!

恥ずかしながら
映画館で鼻水たらしてしまった。


もともと舞台劇をアレンジした作とあってか
カメラの位置とか俳優さんの立ち位置とかセットとかが舞台チック。
でも、うまーく映画化してあって新鮮な感じ。

中島監督の特徴である色彩も素敵。
カラフルポップ。
好きだなあ。

CGの使い方もうまいと思った。
多くの映画は、よりリアルに見せようというところにばかりCGを使いたがるけど
この映画では主にパコの想像のシーンにCGが多用されている。

誰かの想像の部分、イメージの部分に
アニメーションチックなCGを使ってたのかなって思う。
下妻とかでもしかり。
パコにはこう見えるんだなあ、と思いながら映画を観てました。

うーん、好きだなあ。


ストーリーもところどころに
小ネタがちりばめてあってなかなかニクい。

俳優もシブいしね。

なにはともあれ
加瀬亮、好きです。



DVD出たらまた観よ~っと。
スポンサーサイト
23:42  |  映画レビュー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://staranddandelion.blog56.fc2.com/tb.php/543-43c02eb4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。