06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

プレゼンテーション

2008.03.20 (Thu)

研修の内容覚書。

~前置き~

■■プレゼンのコツ■■

①目的を明確に
説明?提案?

②"意識"を意識する
内向き:外向き=4:6
の割合で。

③イメージとのギャップに気をつける
以下のようなことが起こらないように。。。

・話がふくらみ過ぎる。
・話がしぼむ。まとまらない。
・話題が行ったり来たり。

④客観と主観を混在させない
ポイントがぼやける
印象に残らない話になる


では、どうしたらよいのか??

~本題~

■■プレゼンの構成■■

1.TREX法
特徴:
短時間での『提案』に向いている

内容:
以下の4つの構成で成り立つ。
=============
Title(テーマ、主旨)
Reason(根拠となる理由)
Example(理由の肉付け)
×(かける=上記3つの内容の総論)
=============

Title(テーマ、主旨)
提案内容。簡潔に。
言い切る。

Reason(根拠となる理由)
Titleに繋がる理由を簡潔に。

Example(理由の肉付け)
Reasonに対する根拠の詳細を述べる。
具体的な数値などで、例える。
聞き手の納得しやすい情報を与える。

×(かける=上記3つの内容の総論)
上記の内容と絡めたまとめ。
視点を変えて論じたり、
一般化したりする。
ダメ押し。


2.4Cモデル
特徴:
長時間の『提案』に向いている

内容:
以下の3つの構成で成り立つ。
=============
Context&Conclusion(背景と結論)
Cause(根拠)
Conduct(行動の示唆)
=============

Context&Conclusion(背景と結論)

Context
問題、課題の説明
※2センテンス程度で言い切る
※投げかけの質問

Conclusion
問題に対する結論、打開策
※1センテンス程度で言い切る

Cause(根拠)
結論に対する証明
支え
理由やメリット
※必ずConclusionに対して述べること!!!

Conduct(行動の示唆)
何をすべきか
何ができるか

3.国際モデル(ロジックツリー)
特徴:
提案、説明の両方に応用できる

内容:
以下の3つの構成で成り立つ。
=============
Introduction(序論)
Body(本論)
Conclusion(終論)
=============


(編集中…)
スポンサーサイト
23:27  |  新人研修の記録  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://staranddandelion.blog56.fc2.com/tb.php/402-e07424ee

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。